ビジネスで役立つ英会話集

丁寧な断り方を身に付けよう

同僚に誘われた時に、断り方で悩んだ経験のある方も多いかもしれませんが、英語で話す時には、自分から意思表示することが大切ですから、今回は失礼のない断り方についてご紹介いたします。

相手を傷つけずに英語で断るためにも、ストレートな断り方や遠回しな断り方やフォーマルな断り方がありますのでシチュエーションごとに適切な断り方を覚えておきましょう。

家族や友人に断ったり、それほど重要ではないイベントを断る場合には、ストレートに断った方が印象が良いですから、都合がつかないという意味の「Sorry,I can´t make it」を使いましょう。

上司など相手を気遣いたい場合には、残念な気持ちを伝えられる「I´m afraid I can´t」と言いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る